おまとめローンを組む前に!

おまとめローンが必要な人、おまとめローンが不必要な人、あなたはどちら?まずはこのサイトをご覧ください!

おまとめローンの手順

事前の準備が肝心です!

ここでは、おまとめローンの実際の手順について、解説していきます。

まずいちばん大事なのは、事前の準備。
これをきちんと行なっておかないと、賢いおまとめローンは組むことができません。
では、事前の準備には何をすればいいのでしょうか?

もちろん第一に行わなければいけないのは、あなたがどこからいくら借りていて、残債はどのぐらいなのかを完全に把握することです。
これを行わないことには、どうにもなりません。
ひとつ残らず、ありのままを、ノートに書き出してみてください。
10円でも残っているところは全て書かないとダメですよ。

次に、現在の収入と支出について。これもノートに書き出します。
収支のバランスを考え、どのぐらい借金返済に当てられるのかを計算するのです。
もちろん、支出についてはギリギリまで切り詰めてくださいね。
いま遊興費に当てられるお金なんてないんですから。
食費や水道光熱費なども、できるだけ節約して返済に回せるお金にしましょう。
もちろん、この支出の計画書は実行できなければ意味がありません。
机上の空論にならないように、できる範囲のギリギリのラインをきちんと算出して下さい。

おまとめローンに申し込む前に自分でもおまとめしてみましょう

次にすべきことは、「自分自身でおまとめができないか検討する」ことです。
なにもかも金融機関に丸投げというのは、よくありません。自分自身でもおまとめができないか、検討して下さい。
具体的には、金利の高いところから借りているのを完済して、金利の低いところに借り直す、また、残債の少ないところは優先して返済して、全て返し終える。
こういう作業は面倒ですが、「おまとめローン」の審査の上では非常に役に立ちます。
というのも、金融機関は多重債務の状態を嫌います。まあとはいってもおまとめローンですからある程度の多重債務はしかたないのですが、あまりにも多いと、審査に通る可能性がかなり低くなってしまいます。
その多重債務の状態を少しでもよく見せることは、とても重要な事なのです。
5社6社借りているのであれば、2社3社にまとめることで、審査はずっと通りやすくなります。
ですから、ぜひ自分自身でのおまとめ、できないかどうか検討してみてください。
具体的には、すでに借り入れのある、金利の低めな金融機関に増枠の申請をしてみてください。
新規で借入を起こすのは多重債務者の場合かなり難しいですが、既に借り入れがある会社に増枠の申し出をするのは、意外と通りやすいものなのです。
その増額した枠で、おまとめをすると、本命のおまとめローンの審査が通りやすくなるのです。

いよいよ申し込みです!

もっとも慎重に行いたい金融機関選び

おまとめローンを組むための金融機関選びは、もっとも慎重に行わなければなりません。
おまとめローンを組むことができる金融機関はさまざまにありますが、そうした金融機関のうち多くの企業がネット上に「借入シミュレーター」を設置しています。
これは、自分の状況を簡単に入力すると、ローンが組めるかどうか、簡易診断ができるというもの。
この簡易診断でOKであっても実際は審査に落ちる可能性はありますが、ここでNGが出てしまうと実際に通る可能性はほぼゼロ。他の会社をあたったほうが良さそうです。

そして、優先順位については、まず「おまとめローン」が可能な銀行をまず最初に候補にしておきましょう。
銀行のホームページで借入診断を行い、OKが出たら申し込みを行う、というのが賢いやり方です。
そこで審査に通れば万々歳。あとは事前にたてた自分の収支に基づいて返せるお金をきっちり返していく、ということになります。

もし銀行系の最初の申し込みが落ちてしまった場合は、銀行系はしばらくストップしておきましょう。
消費者金融の「おまとめローン」を利用するようにしましょう。
間違ってはいけないのは、消費者金融の通常のカードローンを「おまとめ」に使うのは厳禁です!
必ず金利の低い「おまとめローン」という商品に一本化しなければいけません。
これは絶対に忘れないようにしてくださいね。

トータルの返済額を減らすのか、月々の負担を減らすのか

月々の返済額ですが、これは、
「少ない金額を長期にわたって返済するのか」
「多めの金額で短期で完済するのか」
を選ぶ必要があります。
もちろんベストなのは負担がある程度大きくても早く返すほうがトータルの返済額が大きく減るので、こちらにすべきです。
ですが、それで生活が立ちいかなくなったら元も子もありません。
かと言って、負担を軽くすることばかりを考えていると、結局トータルの支払額はおまとめ前よりも高くなってしまった、ということにもなりかねません。
そのためにも、事前の準備が大事なのです。
事前に、自分の実際の収支からいくら返済に当てられるのかをしっかり計算しておけば、その金額を月々返済していった場合トータルで何年かかるのか、計算することができます。
そして、その計算での数字ができるだけ短い金融機関を優先して選べば、支払いはきついかもしれませんが、早く借金地獄から抜け出すことが可能になります。

おまとめローンはもちろん簡単なことではありません。痛みを伴います。
でも、その痛みは、真綿でじわじわ首を絞められるよりはずっとあなたを助けてくれる痛み。
その痛みを甘んじて受けて、早く借金漬けの生活に終止符を打つようにしましょう!

© 2014おまとめローンを組む前に!all rights reserved.